女性

葉酸サプリで健康な赤ちゃんを産む~ベイビー健やかライフ~

あきらめない

サプリメント

生殖機能に関しては、女性は特に受精して着床の後に妊娠期を経て、赤ちゃんをおなかの中で育てていく機能が十分であることが求められます。しかし、その機能はやはり年々衰えていってしまうことは否めないのです。男性の精子のようにただ卵子が健康であればよいというものではなく、女性が受受精した卵子を維持し、順調に育てていく能力がなければ難しいといえるでしょう。しかし近年、晩婚化の流れが顕著になり、女性の初産年齢も上がりつつあります。そのため、不妊に悩んで何とかして治療を行おうと産婦人科を訪ねる方が増加しているのだと言います。一般的には、女性の妊娠率が下がるのは33歳ごろからとされ、問題なく妊娠して出産までを迎えられるのは妊娠年齢が35歳ごろというのが広く認識されている見解です。とはいえ、40代・50代でやっと結婚し、子供がほしいと願ったとき、決してそれは無理な願いではありません。方法次第で高齢の不妊状態から妊娠率を上げることはできなくはないのです。

女性の体にももちろん高齢による老化は訪れ、卵巣や子宮といった生殖器にもその影響はやってきます。最近は若い見た目の40代50代の方が増えてきましたが、身体機能自体はやはり歳相応に衰えるものなのです。35歳までの妊娠率はだいたい20%強とされていますが、40代での妊娠率は実に4%台にまで下がってしまうと言われています。しかし高齢不妊を改善できる可能性はゼロではありませんので、方法次第でその妊娠率を上げることができます。例えば女性ホルモンの作用を活発にして健康な卵子を排出できるような体づくりや、高齢での不妊の大きな原因の1つである子宮内膜症や子宮筋腫など良性の疾患を治療するなども不妊治療の有効な方法です。まずは子供を育てられる自分自身の体の環境を整えることからはじめましょう。