妊婦の太りすぎはNG!【ダイエットするなら太る原因を知る】

何が原因で妊婦は太ってしまうのか

太り過ぎるのはダメ!と言われても、何が原因で太っているの知ることができなければ対策することができません。そのため、しっかりと原因を調べ原因に合った対策方法でダイエットに挑戦してみましょう。

妊婦が太る主な原因

女性

むくみ

お腹が大きくなると、下半身の血行が悪くなり「むくみ」に悩む妊婦さんが増え始めます。マッサージなどで改善することできるため、寝る前に適度にマッサージをしむくみを抑えましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中に分泌されるホルモンの影響で、食欲が増える・脂肪が蓄積されやすいといった変化が生じます。そのため、妊娠中は太りやすいのでしょう。

食べつわり

妊婦さんに見られる悪阻には、幾つか種類がありその中には食べ悪阻という症状が存在します。自律神経の乱れが原因で食べないと気持ち悪くなる・落ち着かないといった症状が出始めます。

妊婦の太りすぎはNG!【ダイエットするなら太る原因を知る】

女性

食事内容に気をつけよう

ダイエットのために、過度な食事制限を妊婦さんが挑戦してしまうと母体だけではなく胎児にまで悪影響を与えてしまいます。妊婦さんがダイエットをするなら、食事内容を確認し栄養バランスを整えてみましょう。母体に必要な栄養素と胎児に必要な栄養素が多少異なるため、妊娠中積極的に摂取した方が良い栄養素などを調べてみてください。

メジャー

適度に運動をする

悪阻時期は、動くことも厳しいため悪阻が落ち着き動けるようになったら適度に体を動かしてみましょう。体を動かすことで、ストレス発散・血行促進・体力作りといったメリットを得ることができます。

体重計とダンベル

おやつを食べるときは計画的に

悪阻期間中は食べられる物を食べても良い!と言われますが、悪阻が落ち着いたらしっかり栄養バランスを考えて食事をし、おやつにも注意しましょう。過度に甘い物ばかりを食べてしまうと太る原因になり、妊娠糖尿病のリスクが高まってしまうと言われています。
おやつ以外にも、便秘には気をつけましょう。便秘になってしまうと腹痛や痔などの原因になってしまいます。妊娠してから便秘になったという人は、便秘解消方法を産婦人科医に相談してみてください。

産婦人科医と相談しながら痩せよう!

妊婦健診のときに、産婦人科医が体重の記録もしてくれるため太りすぎ・痩せすぎといった指摘を受けることができます。太りすぎと言われた場合は、どんなダイエットなら胎児に悪影響を与えないか?など妊娠中のダイエット方法について相談してみましょう。

広告募集中