女性

葉酸サプリで健康な赤ちゃんを産む~ベイビー健やかライフ~

妊娠しやすい体

病院

高齢になってくると、女性の妊娠能力はどうしても下がってきます。加齢によって生殖機能は徐々に低下し、その下降線は30代半ばあたりから一気に勢いを増してしまうのです。しかし、今や晩婚化が進み、40代以上の高齢になってから不妊を改善すべく努力なさっている方も増えています。そして、高齢になったから不妊は全く改善できないかというとそうではなく、少しでも妊娠しやすい体に変えていくことで妊娠できる確率はぐっと上がります。確かに、高齢が原因の不妊治療は難しいものがあります。妊娠しやすい体を作っていくことはできますし可能性も上がりますが、必ずしも不妊が全く改善できるかというとその限りではありません。しかし、すっかりあきらめてしまうこともないのだということは覚えておきたいところです。中には、不妊治療を受けずに体質改善のみで40代になってから妊娠に成功した方もおられます。

ただ単に高齢になってしまったからといって不妊につながるわけではありません。もちろん年齢によって妊娠しにくくなることは確かですが、それにも個人差はあり、また妊娠しやすい体に変えていくことでどんどん妊娠率が下がっていく勢いをゆるめることもできるのです。まずは、女性ホルモンの分泌を活発にして健康な卵子を排出できるようになることが近道でしょう。高齢での不妊は女性ホルモンの低下をはじめとした衰えによるものですから、卵子の排出量を増やしたところでその卵子の質が悪ければ妊娠には至りません。そのため、量を増やすことよりも質を上げることの方が大切なのです。女性ホルモンの分泌を活発にすることによって、元気な卵子が生まれてきやすくなります。また高齢になると増えてくる子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人病に関しても、なるべく治療しておくことで妊娠できる確率も高くなりますし、近年ではその婦人病の発生を予防しようという動きもあります。